よくある質問|法人オートリース

契約期間終了後は、どのようになりますか?
リース契約期間の終了後は、下記の3通りからご選択頂きます。
  • ご契約車両を返却して、新たな車両にリース契約をする。
  • 「再リース」(1~2年)の継続契約をする。
    ※終了時に車両状態を見て、再リース契約期間および、見積りを提示いたします。
  • ご契約車両を返却して、リース契約を終了する。
  1. 注1)契約終了後車両はお客様に売却することはできませんので、あらかじめご了承ください。
  2. 注2)返却車両の損傷具合によっては、お客様負担にての修復となる場合もあります。
審査方法について教えてください。
リース会社所定の「オートリース審査申込書」法人及び代表者様のご署名・ご捺印(角印・認印も可能)を頂き、その後リース会社提携先の保証委託会社にて審査させていただきます。
審査機関はおおむね即日~2日以内です。原則、決算書などの徴求はありません。
  1. 注1)審査の結果、お断りさせていただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  2. 注2)ご契約の際、本契約書に法人と代表者様の「実印捺印」と「印鑑証明書・各1通添付」が必要となります。
車検整備や故障時の修理はどうなるのですか?
メンテナンス項目に含まれている内容の場合には、当社指定工場(特約店)にて実施します。
その場合のメンテナンス費用は、リース料に含まれていますので車両入庫時にお支払いの心配はありません。メンテナンス項目に含まれていない場合には、整備費用はお客様負担となります。
自動車保険(任意保険)の取り扱いはどうなるのですか?
リース契約内に含めることも可能です。この場合、保険料はリース料に含めてお支払い頂きます。
お客様の現在の割引率を継承でき、ご契約期間中に万一事故が起きても「保険料の変動」と「毎年の更新手続き」が一切無い「自動車リース専用長期契約」に加入します。
「自動車リース専用長期契約」の契約手続きや保険料金のお支払いは、すべてリース会社にて実施します。
  1. 注1)リース契約内に含めない場合は、必ずお客様にてご加入ください。
    ※「自動車リース専用長期契約」の詳細につきましては当社特約店にお問い合わせください。